ぶはら 神戸岡本「ビーフカレー」

ぶはら 神戸岡本「ビーフカレー」食べた。おうちカレー

ぶはら「ビーフカレー」は、今流行りの「レトルトカレー」です。箱を開けたらぶはら「ビーフカレー」が一袋入っていました。ぶはら「ビーフカレー」をご飯に乗せて頂く仕組みです。


カレーの「お味・感想」は?

「好き嫌い」とても好き
「口当たり」トロトロ 濃厚
「風味」スパイシー 辛口
ぶはら「ビーフカレー」

ぶはら「ビーフカレー」は、味は一口目から甘い口当たりで、すぐお食事中に「辛味」を感じるトロトロカレーで、かなり辛い後味が残ります。挽肉「ビーフ」の味わいが楽しめます。スパイシーです。「感想」


ぶはら「ビーフカレー」。神戸を旅行したことが、実は一度もありませんが、神戸の有名な食品会社のお仕事をしたことがかつてあり、街に親しみがあります。

ぶはら「ビーフカレー」は炒めた「玉ねぎ」「にんにく」「生姜」などの風味があり、一口目から甘い野菜「トマト」の味わい、強い「カレー」の香辛料の香りが印象に残り、大変満足しました。

ぶはら「ビーフカレー」は、お食事していると、クチビルまで辛いと感じる風味で、トロトロの「カレー」が、いつも食べているレトルトカレーより、分量多めに感じました。白米ご飯の「ライス」がカレーより早めになくなってしまい、ご飯の甘さがあってちょうど良い「スパイシーカレー」の辛さだと感じたのですが、とても美味しかったです。


箱の表示では、辛さが5段階の「4.5」です。化学調味料や小麦粉不使用となっています。

神戸の岡本という街は学生街だそうです。きっとおしゃれな女子や男子が美味しいシルクロードのスパイス「ぶはらビーフカレー」をお食事しにくるのでしょうね。

次回の「神戸旅行」で、「カレー」食を実現したいと思います。

カレーをSHARE Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
The following two tabs change content below.
「内食」「食べ歩き」がテーマのブログです。「有名カレー」「レトルトカレー」を紹介中。「自称、カレー・ハンター」。普段は、webのお仕事をしています。