ビーフカレーライス「カフェ・ヒビキ 東京文化会館店 CAFE HIBIKI」

カフェヒビキ Cafe HIBIKI 東京上野「ビーフカレーライス」、カレー食べにいこ

最近流行りの上野駅駅前、東京文化会館で「ビーフカレーライス」を食べてきました。こちらのお店は、上野駅、公園口改札の前にある施設に付随するレストラン。他にも色々な軽食メニュー(ランチ)があり、選んで注文します。

「Cafe HIBIKI」のランチメニュー「ビーフカレーライス」は、白米の「ライス」と「ビーフカレー」が、紙のカップによそられ、お店のカウンターで受け取って、お好みの順序で頂きます。今回は、オープンテラスでお食事したので、一緒にドリンク「シードル」を頂きました。


カレーの「お味・感想」は?

「好き嫌い」ふつう
「口当たり」トロサラ
「辛味」中辛
カフェヒビキ Cafe HIBIKI 東京上野「ビーフカレーライス」

Cafe HIBIKIの「ビーフカレーライス」は、とても気軽に食べられる、洋食レストランのメニューで、一般的な安心出来るお味の「カレー」とホカホカの「ライス」のセットです。

上野公園散歩のついでに、また文化施設の観覧前に、頼れる、小腹を満たす「ビーフカレー」です。「感想」


一番最初に、こちらの「Cafe HIBIKI」レストランに来たのは、歳上の知人の紹介です。もちろん文化施設での、ダンスの講演を拝見する際に、同じ建物ですので、便利で良いなと思いました。出費がかさむし、長時間かかる、文化講演では「軽食」を頂くか、どうするかは大切なポイント。

国立美術館、国立博物館が最も集中的に存在する街「上野」では、お昼ご飯を、行く前、先に食べるのか、例えば施設の中にある「特別展」の「スペシャルメニュー」がある「レストラン」で食べるのか、あるいは「上野駅」まで戻って帰宅時に、お食事するのかは、結構悩ましい選択です。

一人ランチなら、「軽食」と「シードル」を時間帯に関係なく、頂けるって気分が良いことなのです。

これからも、ちょくちょく伺う際、「紙カップ」に入った「ビーフカレー」を、オープンテラスで頂きたいと思います。

※お店の入口は、上野駅前のロータリから、公園への道沿い(国立西洋美術館側)にあり、階段で数段のぼった先です


月の松 清水観音堂 上野 不忍池
歌川広重「浮世絵」の「月の松」 清水観音堂 上野 不忍池
浮世絵の蓮 上野 不忍池
「浮世絵」の蓮 上野 不忍池
Lotus 蓮 不忍池 上野
Lotus 蓮 不忍池 上野
東京国立博物館 表慶館 上野
東京国立博物館 表慶館 上野

カレーをSHARE Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
The following two tabs change content below.
「内食」「食べ歩き」がテーマのブログです。「有名カレー」「レトルトカレー」を紹介中。「自称、カレー・ハンター」。普段は、webのお仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。